閉じる

Topics

バドミントン部(2021年度)

 昨年はコロナ禍で多くの大会が中止され、ことに今春卒業した33期生は断腸の思いを経験することとなった。その後、昨秋以来大会が徐々に行われ、高校生は新人戦県大会を1位通過し、年末に茨城県水戸市で行われた関東選抜大会で男女それぞれが入賞し、3月末の福島県福島市、郡山市で行われた第49回全国選抜大会で活躍できた。

 今後の動向は不透明で常に不安が付きまとう。しかし、このパンデミックが私たちに教えてくれたもの、気づかせてくれたことは少なくない。このような状況下で繰り返された「短時間で集約的な練習方法」が最も大きな収穫であった。

今夏のインターハイでも全国強豪校との戦いに、西武台ならではの戦いができる自信はある。ただし、「開催されれば・・・」の話だが。

 ニューフェイスが多く加わり、ますますupgradeしたチーム、そしてその練習に注目が集まっている。(文責T)

 

 

 

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲